いのちのうた(お題 by 鳩山兄)

(わ)きいづる泉の水の盛(も)りあがりくづるとすれやなほ盛りあがる  窪田空穂

隣室(りんしつ)に人は死ねどもひたぶるに帚(ははき)ぐさの実(み)食ひたかりけり  斎藤茂吉

池水に病(やま)ふ緋鯉の死ぬときは音立てて跳ねてただち息停(いきと)  北原白秋

鉄かぶと鍋に鋳直したく粥(かゆ)のふつふつ湧ける朝のしづけさ  土岐善麿

これやこの一期(いちご)のいのち炎立(ほむらだ)ちせよと迫りし吾妹(わぎも)よ吾妹  吉野秀雄


★普段は目もくれない、と言うては失礼かな?的大御所作品より★
[PR]

by tanka_meitey | 2010-01-29 22:41 | 喫歌室