ディオの声

ロニー・ジェイムス・ディオが亡くなった。
彼が、いや、彼の声がなかったらハードロックを素通りしていただろう、それぐらい「青春の一角の担い手」であっただけに、かなり淋しいものがあった。

しばらくして、深夜に目を覚ましてしまったので、いつものようにイヤホンラジオで適当に何か聴きながら再び睡魔の訪れを待っていた・・・ディオの声が来た。睡魔どころか焔を灯すごとき、魂のシャウト☆嗚呼、これも巡り合わせか、と。十五、六の頃もFMラジオにかじり付いて聴いていたのだ、レインボー。

月夜に真っ白な虹が架かると云う。それを渡って逝ったのか★

[PR]

by tanka_meitey | 2010-05-29 13:10 | 冥亭Rock夜話