イタイからRock

★ルー・リード&メタリカ『LULU』を手に取ったら、
如何にもな表ジャケより、年季の入った裏ジャケを見てから買うべし★


b0168139_19154718.jpg


(書こうとして落ちねばならず、その後、機会がなく…
結局、何を書こうとしてたのかすら忘れてしまった。ルーちゃんはカッコええぞ☆)

[PR]

by tanka_meitey | 2012-02-21 22:51 | 冥亭Rock夜話

ボラン似かもな骸骨ロッカー

b0168139_20224534.jpg

穴が合わねーぢやねーかよバカヤロー!!
…などとわめきつつ、酒のアテに組み立てた。

キャラ名は知らんのだ。
ただコイツ、芸風は寒いが唯一感情移入出来るキャラなんだ「麦わらの」☆

(投稿後:バックのハエが妙にリアルだ…)
[PR]

by tanka_meitey | 2012-01-29 20:22 | 冥亭Rock夜話

1980年代進化系

渋谷陽一「ワールド・ロック・ナウ」の末尾をつい「なぅ」としてしまう、きょうびではありますが。
彼は未だにわたくしの「Rock界の荒野のヨハネ」でありまして。
こないだも「あれ〜? Cocteau Twinsの新譜かよ〜? にしちゃ声が若いし。でも、ドラム明らかに打ち込みだし。」
みたいな、1980年代前半のアトモスフィアがラジオから流れて来た・・・
それが St Vincent で、後で動画を検索したら案の定?4ADだった・・・どーよ、この'80s馬鹿の耳っ!
あの頃インディーズに慣れてる人以外にには、あまりオススメ出来ない。
でも、ギターの弾き方見たら、絶対ホレてまうやろーーーっ!!


b0168139_043948.jpg

[PR]

by tanka_meitey | 2011-12-17 00:06 | 冥亭Rock夜話

伊福部昭な昭和

先刻、AMラジオをザッピングしていたら、
伊福部昭の曲に出逢った。「怪獣ラドン」のテーマだった。
耳がものすごく反応したのは、やはり「ゴジラ」から
一貫したオーラが放射されているからなのかも知れない・・・

b0168139_21462193.jpg

[PR]

by tanka_meitey | 2011-08-13 21:47 | 冥亭Rock夜話

夏フェスの目眩

8月ともなれば、全国各地でいわゆる
「夏フェス」が盛んに催される。
地元のソレの新聞広告を見て・・・目眩したぞ★

アヴリル・ラヴィーンやマーズ・ヴォルタ、
中堅の域だがレッチリは時代の最先端だもの
それは良いとして、

プライマル・スクリーム、P.i.L.(ここでまず失笑)
スウェード、バウワウワウ、ポップ・グループぅ〜〜〜?

こんだけ並べられると、青春の感傷にも浸れない。
2011年の夏は1981年のソレかよ・・・(− −;)

b0168139_2154454.jpg

[PR]

by tanka_meitey | 2011-08-05 21:55 | 冥亭Rock夜話

中年ロッカーの悲喜こもごも

先日、いつもの渋谷陽一FMで、オジー・オズボーン(お笑いコンビやないよ〜)の新譜。この人もブラック・サバスもロクに聴いてなかったけど、今の齢で丁度良い加減…てのはちょと問題かな?(^^;)
冥亭が驚いたのは、彼の声や曲のセンスがちいとも老けてない!てのよりも、ほとんど入れ替えたバックメンバーに「アダム・ウェイクマン」という名のキーボードが…(・◇・) も、もしや、あの若かりし時はスーパーモデル並のストレートロングな金髪のぷろぐれの人の…?

More
[PR]

by tanka_meitey | 2010-07-28 23:22 | 冥亭Rock夜話

ディオの声

ロニー・ジェイムス・ディオが亡くなった。
彼が、いや、彼の声がなかったらハードロックを素通りしていただろう、それぐらい「青春の一角の担い手」であっただけに、かなり淋しいものがあった。

しばらくして、深夜に目を覚ましてしまったので、いつものようにイヤホンラジオで適当に何か聴きながら再び睡魔の訪れを待っていた・・・ディオの声が来た。睡魔どころか焔を灯すごとき、魂のシャウト☆嗚呼、これも巡り合わせか、と。十五、六の頃もFMラジオにかじり付いて聴いていたのだ、レインボー。

月夜に真っ白な虹が架かると云う。それを渡って逝ったのか★

[PR]

by tanka_meitey | 2010-05-29 13:10 | 冥亭Rock夜話

加山さんだ!

土日は競馬とデーゲーム中継の終った後の空白に耐えられず、ニュースが始まるまでどーしようもなくマジでたそがれてしまう。
そのニュースも終った後、チャンネル変えると…をを!
加山雄三 feat. THE ALFEE だ!(^^;)
向って左から桜井、坂崎、加山御大、高見澤。どー見ても、
加山さんの隣におねーちゃんが居るとしか思えましぇ〜ん♪
さすがにギターワークは息ぴったしだったけど、
声の厚みとゆーか、そこらは、ね〜(^^;) しかしスゴイ絵面★

先週の渋谷陽一ラジオでは、元ガンズンローゼズのスラッシュのソロに、にゃんとイギー・ポップ御大が参加で、結構良かったす♪
そうそう、「In The Court Of Crimson Queen」てなタイトルの新譜があって、何処のドイツぢや?と思ったら、こんなタイトル付けて許されるのは世界で唯ひとり(らしい)、フリップ師の嫁・トーヤさんであった〜(-。-;) えらいまたご無沙汰感があるけど(若い人向けに渋谷さん曰く「レディ・ガガみたいな」…かもね)、毎週出てはるTVショウが大変好評だとかで、流石にそのジャンルの草分け的存在の人はいつまでも錆びないのね〜★
[PR]

by tanka_meitey | 2010-04-17 18:32 | 冥亭Rock夜話

古傷に粗塩

金曜の晩。例によって渋谷陽一FMにて濃ゆい洋楽新譜を聴く。いきなりクリスマス・ソングだったんで、番組まちげーたかな?って「こりゃチャリティ?」と思ったら、案の定ボブ・ディランのチャリティ・クリスマス盤だった。米国人はこーでなくちゃ★みたいな。よく耳にするノラ・ジョーンズのは、離婚体験をまんま唄ってるんで、流石の陽一さんもかなり引いてたけど、
そんな流れの中で、とんでもない盤が出ていた。

Nirvana「レディング・フェス Live 1992.8.30」

More
[PR]

by tanka_meitey | 2009-12-06 18:17 | 冥亭Rock夜話

水煙のアッシャア家

これもシルバーウィークの頃だったか、とにかく時間が空くとTVかラジオを点けてないと落ち着かない性分なんで、AMをザッピングしてたら超耳慣れたフレーズ♪ 誰が聴いても間違いなく Deep Purple「Smoke On The Water」しかもどうやらライヴのようだ…あれか、伝説の「ライヴ・イン・ジャパン」?
間奏部、これも間違いなくリッチー・ブラックモア(昔、雑誌で「金持・黒比較級」なんてダジャレがあったけど〜)のギターソロが聴こえる。フェンダー・ストラトキャスター、しかも色は白だ★

More
[PR]

by tanka_meitey | 2009-10-04 23:27 | 冥亭Rock夜話