水曇る 安永蕗子

何ものの声到るとも思はぬに星に向き北に向き耳冴ゆる

つきぬけて虚しき空と思ふとき燃え殻のごとき雪が落ちくる

水曇る夕べの峯にひしひしと人が劫
(カルパ)のごとき石積む

風おちて鈍き海波ゆられつつ終末海を鳥がついばむ   
『魚愁』昭和37年

いづくかに水をついばむ嘴(はし)の音一尾呑まれてゐる水の音  『閑吟の柳』昭和63年


b0168139_22514472.jpg

[PR]

by tanka_meitey | 2012-03-17 22:40 | 喫歌室

ふといやつら

液化するカリフラワー デブ専のエルトン・ジョンが黒胡椒挽く  和田大象

西武ライオンズの中村を見よ、ミルウォーキー・ブリュワーズのプリンス・フィルダーを見よ。
ぶっといヤツらがチームを引っ張るんだよ☆(掲載歌とは関係ないか…)

b0168139_22585726.jpg

[PR]

by tanka_meitey | 2011-10-04 23:04 | 喫歌室

題詠2011出走予定

★今年はパスしようと思ってたのですが、昨年度分が案外片付きそうなので、そっちが終り次第出走しようかと思っています。宣言出したらよろしくです(^^ゞ★

くろぐろと裂けし谷間の夜のふかさ照りてとどかぬ月渡りつつ 斎藤史(昭28)
b0168139_22215218.jpg

[PR]

by tanka_meitey | 2011-04-04 22:22 | 喫歌室

病いにせよ老いにせよ

先週、河野裕子の訃報を夕刊で知り、少しく驚いたが、よくよく考えなくても彼女の歌とは縁がなかったし、今年の歌会始中継に映っているのを見たのが最初で最後だったし。冷たいよーですが、夫君も歌人、その間に成した一男一女も共に歌人…残せるものはすべてこの世に残して旅発たれた、としか思えない。

その上で、彼女の作品からひとつだけ挙げるとすれば

鬱がちの家系の尖(さき)に咲きゆるび茗荷のはなのごときわれかも

More
[PR]

by tanka_meitey | 2010-08-18 20:54 | 喫歌室

四天王寺の紫陽花の

b0168139_19552160.jpg


江畑實 歌集『瑠璃色世紀』届く。

More
[PR]

by tanka_meitey | 2010-07-06 19:55 | 喫歌室

創作と困窮と

鈴ふればその鈴の音を食はむとするにやあはれわが子口あく  三ケ島葭子[『三ケ島葭子全歌集』昭和9年]以下同

みかじま・よしこ
[PR]

by tanka_meitey | 2010-04-28 22:50 | 喫歌室

いのちのうた(お題 by 鳩山兄)

(わ)きいづる泉の水の盛(も)りあがりくづるとすれやなほ盛りあがる  窪田空穂

隣室(りんしつ)に人は死ねどもひたぶるに帚(ははき)ぐさの実(み)食ひたかりけり  斎藤茂吉

池水に病(やま)ふ緋鯉の死ぬときは音立てて跳ねてただち息停(いきと)  北原白秋

鉄かぶと鍋に鋳直したく粥(かゆ)のふつふつ湧ける朝のしづけさ  土岐善麿

これやこの一期(いちご)のいのち炎立(ほむらだ)ちせよと迫りし吾妹(わぎも)よ吾妹  吉野秀雄


★普段は目もくれない、と言うては失礼かな?的大御所作品より★
[PR]

by tanka_meitey | 2010-01-29 22:41 | 喫歌室

薔薇なり百合なり

今年も競馬は有馬記念で締め。香港G1で「黄金旅程」と名付けられたステイゴールドを父に持つドリームジャーニーが、父を遥かに凌ぐ宝塚と同年連覇の偉業を成し遂げた。ステイのファンだった冥亭は感無量である。よって「夢幻旅程」の名をこの伜に与えよう★
その前週。2才牡馬の王子様戦にて「薔薇一族の悲願」が達成されたという。その重責を負ったのはローズキングダム。母・ローズバド、その母・ロゼカラー、近親にローゼンクロイツ…かなりの強者だった。
デビュー以来、3戦負けなし。確かに強かった。しかし、その一日、ひたすら「薔薇一族」を耳にしていた為か「一が抜けたら大違いやな…」と密かに北叟笑みしていたのは、冥亭だけではありますまい★

決闘の刻におくれし騎士とその牝馬に贈る蔓薔薇の鞭

ひる眠る水夫のために少年がそのまくらべにかざる花合歓

ダマスクス生れの火夫がひと夜ねてかへる港の百合科植物

かの國に雨けむる朝、わが胸のふかき死海に浮くあかき百合

てのひらの傷いたみつつ裏切りの季節にひらく十字科の花
  塚本邦雄『水葬物語』

[PR]

by tanka_meitey | 2009-12-28 18:55 | 喫歌室

とりあえず聖誕祭

マリヤの胸にくれなゐの乳頭を点じたるかなしみふかき絵を去りかねつ  葛原妙子

三人(みたり)の子睡れるのちを妻睡りひとりグレコのイエス見てゐし  伊藤一彦

まさびしきヨルダン河の遠方(おち)にして光のぼれとささやきの声  岡部桂一郎


★・・・案外なかったのだ、「現代歌人」にしても。クリスマス(イエス、聖母、etc.)関連作品…★
[PR]

by tanka_meitey | 2009-12-24 19:11 | 喫歌室

老病も諧謔とせむ

疲労つもりて引き出ししヘルペスなりといふ 八十年生きれば そりやぁあなた  斎藤史

さいとう・ふみ
[PR]

by tanka_meitey | 2009-10-20 23:07 | 喫歌室