はがねのつるぎ

いわゆる韓流ドラマの、時代劇ものが結構面白い。
んで、今は京都テレビの『朱蒙(チュモン)』である★
歴史ものによくある「英雄の生れ変わりが主人公」だが、
こやつは序盤では、単なる大たわけ野郎であるーー;
まぁそこから、少しづつ世間を学び立派な皇子に育ってゆく
のだけれど、面白いのは彼の生きている時代である。

当時、彼らの国は漢に呑み込まれつつあった。
漢にはすでに優秀な「鉄器」があったからだ。
青銅の武器では到底勝てっこない・・・
って、これってばゲームによくある武器のランクの
設定ぢや〜ん★何かすごい時代だなぁ〜と、
一応、歴史年表にあたってみると…え"、マジ?
あの「将来の勇者」朱蒙は歴史上の大人物だったのだー!

【紀元前37年:ヘロデ大王がユダヤ王となる
 その頃、高句麗建国/東明王朱蒙即位】


いやはや驚いた★いや、あの頼りない皇子が、ではなく、
彼の時代の古さに、である。その頃、欧州ではローマ帝国に
クレオパトラであり、日本といえば…「弥生式時代中期はじまる」
・・・銅器どころか土器やがな〜T▽T★
[PR]

by tanka_meitey | 2010-01-26 21:53 | ひとりごつ