敵はプログラム

結局、女子の世界もトリプルアクセル連発しても大した意味はなくなっていたのだ真央ちゃん…(-"-;)

ラフマニノフとガーシュイン。最近クラシックに親しみ出した冥亭は、確かこないだ何かの番組でこの二人が師弟関係になるとこだったちうエピソードを聞き、「さもありなん」と膝を打ったのだ♪
素人耳にも似てるのよ、曲調が…★

多分、タラソワがラフマニノフを選んだ時に、オーサーは迷う事なくガーシュインを選んだのだろう。選曲ガチバトル★勝負はそこで九分九厘ついていたのだろう、多分。

想像してみてくれ、あのふたつのプログラムを、ヨナvs真央ではなく、3回転跳べればラッキーぐらいの同じレベルの選手が演じていたとしたら…火を見るより明らかであろうぞ★(- -;)
[PR]

by tanka_meitey | 2010-02-26 18:45 | ひとりごつ